未だにあまり知られていない納骨堂とは。お墓と納骨堂の比較。

shower in celebration page

お墓と納骨堂の違いは

納骨堂の特徴

お墓を知らない人はまずいないとは思いますが、納骨堂を知らない人は未だに多くいると思います。
それでは納骨堂とは一体何なのでしょうか。これを知っておくだけで今後身内の方でどなたかが亡くなられたときに少しでも費用を抑えられるかも知れません。それでは納骨堂を紹介します。
納骨堂とは室内に遺骨を納められる場所で、お墓よりも費用がかからず、お墓に良くある掃除などの手間などはほとんどありません。そしてお墓はかなりの費用がかかってしまい維持するのも大変だと言われています。さらに墓地には広い敷地が必要となり、敷地の料金や永代供養などにも費用がかかる部分が出てきますが、納骨堂にはそう言った費用は含まれた料金で利用できます。さらにその料金もお墓に比べ3分の1ほどで済む場合が多いため、近年利用される人は増えてきています。
それにお墓は代々受け継がれる大切なものになるので後継ぎがいなくなると、そのお墓は放置状態となり荒れ果ててしまい、隣のお墓に迷惑がかかることもあります。中には後継ぎはいるものの遠方にお墓があるためなかなかお参りすることが出来ず隣のお墓の持ち主から苦情が来る場合も少なくありません。東京には多くの納骨堂があり、利用しやすい立地にあることも多く利用はとてもしやすいと考えられます。
お墓は東京都心には立てるのが難しいといわれているので気になる人はまず一度問い合わせなどをして料金面やサービス面を確認するといいでしょう。

cult worship cabinet

納骨堂の料金面は

納骨堂とお墓では料金面で大きな差が出てくると言われています。しかし納骨堂を知らない人にとってはどのくらいの費用の差が出てくるのか気になるところだと思います。それでは確認していきましょう。

cult worship of the sacred chest

納骨堂選びのポイントは

お墓と納骨堂で大きな料金の差が生まれてきました。次は納骨堂選びのポイントや注意点などを確認していきましょう。東京には数多くの納骨堂がありそれぞれ違う特色を持っている場合が多く見受けられます。

Cabinets church

納骨堂選びの注意点

納骨堂を利用するにはまずは納骨堂のスタイルを知っておきましょう。ロッカー式・仏壇式・墓石式などさまざまなスタイルがあります。自分に合ったスタイルを見つけましたら次は利用するにあたり注意点です。